シックハウス対策

『シックハウスとは』

新築やリフォームした人が新しい住宅に入居したことをきっかけに、『目がチカチカする』、『喉が痛い』、『めまいや吐き気、頭痛がする』、など身体の不調が出てくる。

その原因の一部は、建材や家具、日用品などから発散するホルムアルデヒドやVOC(トルエン、キシレンその他)などの揮発性の有機化合物と考えられ、 化学物質の濃度の高い空間で暮らしていると健康に有害な影響が出るおそれがあります。

これを一般に「シックハウス症候群」と呼び、健康被害の原因と考えられています。

シックハウスイメージ

シックハウス対策として、平成15年7月1日から内装材、建材などに関する建築基準法の規制が施工されました。

具体的にはシックハウスの原因となる科学物質の室内濃度を下げる為の法律です。

  1. 内装仕上げ(床、壁、天井)の制限

    ホルムアルデヒドを発散する建材の使用を制限します。
  2. 換気設備の設置

    気設備の設置を義務付け、2時間につき1回の割合で部屋の空気を全部入れ替えましょう。
  3. 天井裏

    天井裏についてはホルムアルデヒドの発散の少ない建材とするか、機械換気設備での換気をすること。
    ホルムアルデヒドの室内発散量を減らし、新鮮な空気に入れ替えながら生活しましょう。 との内容です。

シックハウス対策

私たちの試み 木製ドア、収納家具に関しても内装仕上げの一部となりますので、シックハウス対策が義務付けられています。 弊社では安全基準をクリアしたF☆☆☆☆の表面化粧材を使用しています。安全基準

私たちはお客様の安全を考え、建築基準法の規制対象外ですが、木枠材、建具芯材、等にもF☆☆☆☆の材料を使用しております。

安全   

↓表示例(残念ながらドアにすると見えなくなります。)

 

木製ドア オーダー製作・リフォーム ペットドア・木製建具は木建.com | 建具会社の安田建材